ラリー・デュ・ヴァール – SS6: ロッセルで0″2のボナート 

ピエール・ロシェがR-GTでリタイアに向かう中、この日2回目のスペシャルでボナートがスクラッチを担う番だ。

公開 25/11/2023 à 10:25

アン・シャイラー

0 コメントを見る)

ラリー・デュ・ヴァール – SS6: ロッセルで0″2のボナート

VAR ES6

今週土曜日の朝、ピニャンを通過する最初のパスでは、コンマ 3 秒でボナート (シトロエン C2 Rally3/CHL) が最高のパフォーマンスを見せました。 レオ・ロッセル(シトロエン C2 Rally3/PH Sport)がホイールを装着してフィニッシュしました。 このタイムではエリック・カミリ(シトロエンC2 Rally1/PH Sport)が3分XNUMX秒遅れ。 彼はこの通路でマグヌーとマフリーの前を走っているが、ルイ・コンスタンがスピンし、ギアボックスの問題が依然としてハンディを負っているロシェがリタイアに向かっている。 

宣言

ボナート : 「タイヤの選択肢が同じではないので、速く走ろうと努めます。 もっと負けるかと思ったが、なんとか持ちこたえているので、むしろ良かった。 »

ロッセル : 「簡単ではありませんでした。葉っぱでかなり滑りました。 ヨアンとの差は保っているが、今のところはいいループだ。 »

カミリ :「スペシャルの難易度を考えると、とりあえずは良いですね。 » 

マグノウ : 「ルイから少し時間をもらっています。 それは良いXNUMXつのステージです。 » 

CONSTANT : " たいしたことはない。 私たちはこの点で頭から尻尾までの王様です ラリー しかし、私たちは学びます。 »

ROBERT :「今朝は複雑です。 » 

マフリー : 「路面が荒れていて車がよく動く、私が好きなタイプのサーキットです。 »

ジルー : 「私はまだ完全に目覚めておらず、肉体的にも最高の状態ではありません。 »

ARMSTRONG :「滑りやすかったです、限界を超えそうなところがたくさんありました。 »

ゴダール :「とても気をつけていました、愚かなことはしたくありませんでした。 »

:「ギアボックスの問題がまだ残っています。 秒が刻々と過ぎて、もう終わりだと思う。 »

こちらもお読みください: ラリー・デュ・ヴァールSS5:ロッセルがボナートを3秒リード

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く