WEC – オースティン:ポルシェでは運が味方した

ポルシェ 17 号車の乗組員は苦戦しているように見えましたが、姉妹車の 6 号車の不運を利用して、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ 18 時間レースで優勝したのはポルシェ XNUMX 号車でした。

公開 20/09/2015 à 09:32

デュピュイ

0 コメントを見る)

WEC – オースティン:ポルシェでは運が味方した

La ポルシェ ベルンハルト・ウェバー・ハートレーの17号車は、オースティン(テキサス州)のサーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レースで大活躍した。にもかかわらず マーク・ウェバーのセーブミス 給油中の違反により919分間のストップ&ゴーを経て、18番グリッドからスタートしたXNUMXハイブリッドが、到着半分で電気系トラブルに見舞われたXNUMX号車を優位に進めた。

「ペナルティを受けたとき、今日は運がなかったと思った」、チームメイトとともにトップのトレルイエ・フェスラー・ロッテラー(アウディ 7 番、レース 3 位)とわずか XNUMX ポイントの差で戻ってきたティモ・ベルンハルトも認めます。 「XNUMX位に落ちましたが、それでもレースに勝つことができ、それに伴うポイントも獲得できました。 私たちはポルシェでダブルを達成することを長い間考えてきました。 »

これは 電気系のトラブルに見舞われたロマン・デュマ このため、すでに予選を通過していた919台目の12ハイブリッドはXNUMX位に後退した。 予選の問題. 「クルマはこの故障の直前からすでに奇妙な挙動を示し始めていた。 設定を変更してステアリングの問題を解決しようとしましたが、うまくいきませんでした。」、の勝者を残念に思う 24時間のルマン 2010.

アウディを36ポイント上回ってマニュファクチャラーズチャンピオンシップを独占しているポルシェにとって、結果は依然として満足のいくものである。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レースのハイライトビデオ

AUTOhebdo 6 号の特別特派員が行ったサーキット・オブ・ジ・アメリカズ 2030 時間レースの分析をご覧ください。デジタル版は月曜日の夜からすべてのプラットフォームで、水曜日からニューススタンドで入手できます。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く