カタール1812km – H4: ハイパーカーとLMGT3ではポルシェが依然としてリード

6時間のレースを経ても、エストレ、ヴァントール、ロッテラーのトリオの1812号車ポルシェは、93kmのカタールを依然として3号車プジョーを抑えてリードしている。 LMGT92では、Manthey PureRxcingチームのXNUMX号車ポルシェがリード。

公開 02/03/2024 à 13:01

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

カタール1812km – H4: ハイパーカーとLMGT3ではポルシェが依然としてリード

© フランソワ・フラマン / DPPI

時間が経っても見た目は同じ。 1812年シーズンの開幕戦、カタールの2024kmを走るこのXNUMX時間のレースでは、順位はほとんど変わらなかった。 WEC. On retrouve à l’avant la ポルシェ 963 n°6, qui mène l’épreuve depuis plus de deux heures désormais. C’est André Lotterer qui est au volant de la 963 de tête, avec plus d’une trentaine de secondes d’avance sur la プジョー ジャンエリック・ベルニュのNo.93、2位のまま。トップ3にはもう12台のポルシェ、ノーマン・ナトーがドライブするNo.XNUMX Hertz Team JOTAが入った。

フランス側では、93 位のプジョー n°94 を除けば、他の XNUMX 台のフランス製ハイパーカーがランキングの下位に位置しています。プジョー n°XNUMX ロイック・デュバル、相変わらず奇抜な戦略で、ピットストップに応じて8位から17位の間でヨーヨーをしました。両方 Alpine 36号車が12位、35号車が13位とさらに下位に位置している。

LMGT3 でも先頭を走るのはポルシェです。Manthey PureRxcing チームのポルシェ 911 GT3 R n°92 はレースのコントロールを譲りません。アリアクサンドル・マリヒンは約XNUMX秒先を走っている。 フェラーリ ダヴィデ・リゴン作n°54。トップ4は残りXNUMX台のフェラーリとポルシェが占めているが、 バレンティーノ·ロッシ (BMWチームWRT 46号車)は、WEC初スティントでカテゴリー5位につけている。 ドリアン・ピン (ランボルギーニ・アイアンデイム #85) もステアリングを握り、現在LMGT9で3位にランクされています。

ハイパーカー

LMGT3

 

こちらもお読みください > フェラーリの車載カメラでカタールの 1812 km を体験

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く