カタールから1812km – H5: ポルシェは依然として議論を独占

ケビン・エストル、ローレンス・ヴァントール、アンドレ・ロッテラーのポルシェ 6 号車は、カタール 1812 km でプジョー 93 号車とポルシェ 5 号車を抑えて首位を維持できませんでした。

公開 02/03/2024 à 14:01

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

カタールから1812km – H5: ポルシェは依然として議論を独占

写真: フレデリック・ル・フロック/DPPI

  • 1812年世界選手権開幕戦、カタール2024kmのロサイルで状況は固まった。耐久性 de la FIA. La ポルシェ n°6 désormais pilotée par André Lotterer figure toujours en première position.
  • ジャン-エリック・ベルニュとのこの5時間のレースの終わりに、2人のフランス人がドイツ人ドライバーの後ろにいます(プジョー)とフレデリック・マコヴィッキ(ポルシェ)。
  • ロバート・シュワルツマン(AFコルセ83号車)とヤセル・シャヒン(ポルシェ91号車)の衝突を受け、コース上の破片のためにしばらくフルコースイエローが配備された。この事故は主にGTにダメージを与えたが、GTはガレージに戻り、それ以来コースには戻っていない。
  • La トヨタ n°8 a perdu du temps lors de son dernier aux stands avec un problème à l’arrière gauche.
  • イソッタ・フラスキーニはハーフタイム手前でガレージに戻った。

こちらもお読みください > カタール1812km – H4: ハイパーカーとLMGT3ではポルシェが依然としてリード

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く