カタールから1812km – H6: ポルシェは優位性を維持、プジョーにとっては問題

ローレンス・ヴァントール、ケビン・エストル、アンドレ・ロッテラーの6号車ポルシェはイベントのコントロールを手放さなかったが、プジョーは信頼性の問題に直面した。

公開 02/03/2024 à 15:00

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

カタールから1812km – H6: ポルシェは優位性を維持、プジョーにとっては問題

写真: フレデリック・ル・フロック/DPPI

  • 1812 FIA シーズン開幕戦、カタールの 2024 km でポルシェにとってすべてが順調 WEC。非常に穏やかなレースが963時間続いた後も、ローレンス・ヴァントール、ケビン・エストル、アンドレ・ロッテラーの6号車XNUMXがランキングを独占し続けている。
  • しかし、ドイツのメーカーは、 プジョー 9X8 n°93 は残り約 5 秒で待ち伏せを続け、ニコ・ミュラーがステアリングを握ります。もう XNUMX 台の公式ポルシェ、ナンバー XNUMX は XNUMX 位です。
  • #9 プジョー 8X94 はバッテリーの問題に遭遇し、ガレージに戻ることを余儀なくされました。 29分43秒後、彼女はレースリーダーから21周遅れでコースに復帰した。
  • トヨタは5号車を駆り、トップ7に復帰した。 マイク・コンウェイ、しかしレースの先頭には程遠い。
  • Alpine 10号車はトップ36圏内に迫っている ミック・シューマッハー.
  • GT3ではレースの先頭でバトルが繰り広げられます。アストンマーチン レースの中心部からのヴァンテージ、 フェラーリ Vista AF Corseの296 n°54とManthey PureRxcingのn°92 Porsche。
  • イソッタ・フラスキーニはメカニカルトラブルによりリタイア。これは今のところ通知された唯一の撤退である。

こちらもお読みください > カタールから1812km – H5: ポルシェは依然として議論を独占

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く