プロローグ – EL1: 無人のセッションの先頭に立つ Hertz Team JOTA

ハーツ チーム JOTA は、わずか 2024 台のマシンが並んだ XNUMX 年の WEC プロローグの最初のセッションで論理的にダブルを記録しました。

公開 26/02/2024 à 15:00

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

プロローグ – EL1: 無人のセッションの先頭に立つ Hertz Team JOTA

写真: フレデリック・ル・フロック/DPPI

  • 何度かのプログラム変更を経て、プロローグは WEC ついに今日の午後早くカタールで28時間のセッションが行われた。この最初の走行セッションはオプションで、登録車両はXNUMX台のみで、残りのXNUMX台は火曜日の最後のセッションを選択した。
  • Seules trois Hypercars ont roulé lors de cette séance désertée : les deux Hertz Team JOTA et l’Isotta Fraschini. Logiquement, les deux ポルシェ clientes ont signé un doublé au chronomètre. Le Français Norman Nato (Hertz Team JOTA n°12) a établi la marque de référence en 1:41.822, devant son coéquipier Phil Hanson (1:43.206) sur la Hertz Team JOTA n°38. Les deux voitures ont couvert 61 tours pour la n°38 et 58 pour la n°12.
  • Isotta Fraschini Tipo 6はセッション前半で長時間走行し、約1周を周回して45.928分XNUMX秒XNUMXのベストタイムを記録した。
  • 3台のLMGTXNUMXのみがコース上にありました:両方とも マクラーレン United Autosports からは、TF Sport から 82 台のコルベット、ランボルギーニ アイアン リンクスとアイアン デイムが登場しました。このセッションで最も多くのキロメートルを走行したのは No.78 TF Sport Corvette で、95 周を走行しました。 1号車ユナイテッド・オートスポーツ・マクラーレンがクラスベストタイムの56.679分XNUMX秒XNUMXを記録した。
  • 午後 16 時 (フランス時間) に集合し、その日 00 回目の練習セッションに参加します。今回は全車がコース上に走行します。セッションは AUTOhebdo.fr でライブ解説付きで続きます。

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く