佐藤登志夫「2016年を中心に」

2014年に栄冠を勝ち取り、我々は2015年にもトヨタを待っていたが、日本企業はポルシェが仕掛けた挑戦に応えることができなかった。 メーカーはすでに 2016 年に向けて取り組んでいます。

公開 15/10/2015 à 15:02

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

佐藤登志夫「2016年を中心に」

2014年の世界選手権でソブリン耐久性、ブランド トヨタ 彼はまたしても勝利の探求に失敗した 24時間のルマン。 昨年末に世界タイトルを獲得した、ほぼ模範的なシーズンを過ごした中毒者だ。

しかし、2015 年の移行は予想されたレベルには達しませんでした。間の闘争に参加できない ポルシェ そしてアウディ、TS040ハイブリッドは自動車シーンで苦戦している WEC 表彰台は世界チャンピオンコンビのアンソニー・デビッドソンの功績にたったXNUMXつだけですか? セバスチャンブエミ シルバーストーンで。

現在、トヨタモータースポーツは、来年デビュー予定の将来のTS050で未来に向けて舵を切っています。 « 私たちは数週間にわたり、2016 年に完全に集中してきました。, トヨタ・モータースポーツGmbHの佐藤敏夫社長は、富士のイベントの傍らでオートヘブドにこう打ち明けた。

ハイブリッド部門のリーダーである村田久武氏は、もうレースには行かなくなった。 彼はトヨタ自動車株式会社 (東京) に残り、将来の自動車用のハイブリッド システムを開発しています。 » TS050 は、6 年にターボチャージャー付き V2016 を搭載し、バッテリーをベースとした新しいハイブリッド システムを搭載する可能性があります。

佐藤敏夫氏のインタビュー全文と、当社の日本特派員が行った富士WECイベントのレポート全文は、オートヘブド誌2033号でご覧いただけます。 デジタル版 そしてニューススタンドでも。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く