WEC – 富士:アウディがFP1で首位に立つ

アウディとポルシェの違いがごくわずかであるとすれば、日本での富士6時間耐久レースの最初のフリー走行セッションの基準タイムを設定したのはリングを持つ企業である。

公開 09/10/2015 à 05:47

ヴィルマン

0 コメントを見る)

WEC – 富士:アウディがFP1で首位に立つ

アンドレ・ロッテラーは、マルセル・フェスラーとブノワ・トレルイエとシェアするNo.18 Audi R7 e-tron quattroのステアリングを握り、第6戦富士XNUMX時間レースの最初のフリー走行でベストタイムを記録した。 WEC。日本のコースを1分24秒497で1周し、ドイツ人はすでに保持していたこのコースでのLM P0のラップレコードをほぼ733秒も破った。 XNUMX 番目の XNUMX »XNUMX には、 ポルシェ デュマ・ジャニ・リーブの919ハイブリッドn°18は、アウディn°8(+1”333)とポルシェn°17(+1”548)を上回り、それぞれトリオのディ・グラッシに託されました。デュバル-ジャービスとベンハード・ハートリー・ウェバー。両方 トヨタ TS040ハイブリッドは基準タイムより1秒以上遅れている。プライベートLM P12のベストタイムはニコラスのXNUMX番レベリオンR-Oneが記録した。 乾杯 そしてマティアス・ベチェ。

シグナテック Alpine LM P2で目立った。 1'32"701というタイムのおかげで、カピレール-シャタン-パンシアティチのA450bがデラニ-ゴンザレス-ヤカマンのリジェJS P2 n°28を一息で上回り、先頭のトリオをオレカ05 n°47が並んで完成させた。 KCMGによるブラッドリー・ハウソン・タンディの作品。

GTE Pro では、新しい BoP によって階層が大きく変更されることはありません。最後の 911 つのレースでソブリンは、ポルシェ 92 RSR がその優れた性質を証明しました。フランスのペア、フレデリック・マコヴィッキとパトリック・ピレのナンバー1は、39人よりわずか数百分の931の差で、XNUMX分XNUMX秒XNUMXでラップを完了しました。 フェラーリ AFコルセのカラーを守る458イタリア。 XNUMX番目、最初の アストンマーチン、Nygaard-Sorensenのn°95も遠くありません。

最後に、GTE Amでは、ラルブル・コンペティションがフランスの色を輝かせ、ルベルティ・ローダ・シルベストの7号車コルベットC50.Rが、1分40秒659でリファレンスマークを樹立し、フェラーリの72号車をわずかに上回った。 SMPレーシングと初代アストンマーティン。

15回目のフリー走行セッションは現地時間午後30時8分、フランス時間午前30時XNUMX分に予定されている。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く