カタール1812km:マット・キャンベルがポルシェをポールポジションに獲得

マット・キャンベルは、カタールの963kmで行われたWECで1812初のポールポジションを獲得し、ポルシェの好調を証明した。オーストラリア人はニック・デ・フリース(トヨタ)を破った。

公開 01/03/2024 à 15:13

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

カタール1812km:マット・キャンベルがポルシェをポールポジションに獲得

写真: フランソワ・フラマン/DPPI

カタールの 1812 km で、この 2024 年シーズンの新しい予選方式であるハイパーポールが開始されました。同様に 24時間のルマン、各カテゴリーの上位 19 名が XNUMX 回目のセッションへの出場権を獲得し、後者がポールポジションを決定します。 XNUMX台が集結し、次のステージへ向けて熾烈な戦いが予想される。

レス Alpine Q1敗退、トヨタはカーペットの上に

驚くこともなく、 Alpine、BMWもランボルギーニもイソッタ・フラスキーニもQ1を突破することができなかった。 LMDhトリコロールの14台は17位と8位からのスタートとなる。さらに驚くべきは、No.XNUMXトヨタの早期敗退だ。 ブレンドンハートレーフェラーリ 葉イーフェイ選手のNo.83、わずか11位と12位。ジュリアン・アンドラウアーはプロトン・コンペティション・ポルシェ963を10位でトップ13に入れることができなかった。両方 プジョー ハイパーポールに身を置くことで、ロサイルルートでの好調を確認しました。

マット・キャンベルがニック・デ・フリースに勝利

ポールポジションはマット・キャンベル(ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツ)と ニック・デ・ブリーズ (トヨタガズーレーシング)。 1人は交互にタイムシートのトップを走り、最終的にはオーストラリア人が39.347分24秒12のベストラップで優位に立った。今年のデイトナ0.164時間レースとバサースト963時間レースの勝者は、このオランダ人選手をわずか12秒差で破った。カラム・アイロットは#XNUMX Hertz Team JOTA Porsche XNUMXで表彰台を獲得しました。

最初のフェラーリは、アントニオ・フオコがドライブした50号車で表彰台をわずかに下回り、ベストタイムから5秒以上遅れてフィニッシュした。ケビン・エストルが93台目の公式ポルシェを駆り10位入賞を果たした。プジョーに関しては、XNUMX号車を運転したジャン-エリック・ベルニュがアレックス・リン(キャデラック)とアントニオ・ジョビナッツィ(フェラーリ)を抑えてXNUMX位という好成績を収めた。ストフェル・バンドーン(プジョー)はジェンソン・バトン(ハーツ・チームJOTA)に次ぐトップXNUMX入りを果たした。

カタール1812kmのスタートは今週土曜、現地時間午前11時、フランス時間午前00時に行われる。

こちらもお読みください > カタール1812km: コルベットがLMGT3時代初のポールポジションを獲得

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く