トヨタ、過去の重みを抱えながらなんとか生きている

2018年のシルバーストン以来初めて、複数の世界チャンピオンが世界耐久選手権レースで表彰台を逃した。カタールでは、シーズン開幕戦中に、あまりにも顕著な優位性から受け継いだバラストが日本のメーカーの生活を複雑にし、カードを再分配した。

公開 13/03/2024 à 13:20

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

トヨタ、過去の重みを抱えながらなんとか生きている

©ハビエル・ヒメネス/DPPI

Jusqu’alors invaincues, les LMH ont connu au Qatar le goût amer de la défaite. En particulier トヨタ, lourdement tombé de son piédestal après six victoires en sept courses l’année dernière. Plus parlant encore, l’absence de tout équipage portant les combinaisons de l’équipe basée à Cologne (Allemagne) dans les trois premiers du classement général est une première depuis sept ans ! En août 2018, les deux Toyota TS050 Hybrid de フェルナンド·アロンソ, セバスチャンブエミ, 中島和樹 et マイク・コンウェイ, 小林カムイ, ホセ・マリア・ロペスはシルバーストン6時間レースで今季22年連続のダブルを達成するかと思われたが、午後2500時過ぎに失格となった。理由は、車の下にある木製パッドが XNUMX Nm の力を受けたとき、過度に曲がったためです。

Retour en 2024. Aux 1 812 km du Qatar, manche d’ouverture de cet exercice, les protos nippons n’ont pas connu de mésaventure du même genre. Ils n’ont surtout jamais été en mesure de rivaliser avec les ポルシェ. Le malaise était palpable lors du traditionnel point presse d’apr

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 無制限のプレミアムアイテム
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • 2012 年以降の AUTOhebdo の全号が利用可能
COUV-2433

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く