WEC – 富士:ポルシェがポールポジションを奪う

富士919時間耐久レースではベルンハルト・ハートレー・ウェバー組17号車ポルシェ6ハイブリッドがポールポジションを獲得した。 #26 リジェ、#71 フェラーリ、#50 コルベットもそれぞれのカテゴリーで同様の成績を収めました。

公開 10/10/2015 à 07:26

デュピュイ

0 コメントを見る)

WEC – 富士:ポルシェがポールポジションを奪う

長い間、私たちはアウディがスターティンググリッドの1列目に入るだろうと信じていました。しかし最後の追い込みでマルク・リーブがなんとか2位に浮上した。素晴らしい予選セッションの終わりに、 ポルシェ で10回目のポールポジションを獲得 WEC、ティモ・ベルンハルト-マーク・ウェバーの919ハイブリッドn°17のおかげで-ブレンドンハートレー。 最初に指名された 1 名は、平均タイム 22'763"6 を記録しました。 ニュルブルクリンク6時間レースとオースティン0時間レースの勝者は、最終的にロマン・デュマ-ニール・ジャニ-マルク・リーブの姉妹車を308秒上回りました。 したがって後者は、マルセル・フェスラー-アンドレ・ロッテラー-ブノワ・トレルイエ組のアウディ R0 e-tron クワトロをわずか011差で最後の瞬間に突き放し、18位となった。

1 位には、XNUMX つのリングを備えた XNUMX 台目の LM PXNUMX、ルーカス ディ グラッシのそれが見つかります。ロイック・デュバル-オリバー・ジャービス、わずか0”5で続きます。ドイツのメーカー間の決闘は非常に美しいものになることが約束されている。 トヨタ一方、ライバルに2秒遅れています。

民間のLM P1では、1台のレベリオン R-ワンがCLM P01/13-AERを引き継ぎ、クライハマー・アプト・インペラトーリの12番であり、クライハマー・アプト・インペラトーリのXNUMX番に先んじた。 乾杯-スペード。

2号車リジェJS P26はフリー走行ですでに非常に活発だったが、特に素晴らしいジュリアン・カナルのおかげで予選でもその活躍が確認された。 したがって、サム・バードとロマン・ルシノフとステアリングを共有するル・マンソーは、平均タイム1'31"280のおかげでG-ドライブ・レーシングにポールポジションを与えることになる。 デラニ-ヤカマン-ゴンザレスの#28がコンマ43秒差で追うと、05位はチームSARDモランドの#47モーガンとなり、ピエール・ラグス、オリバー・ウェッブ、クリス・カミングが交代する。 なお、No.XNUMX KCMG オレカ XNUMXのニック・タンディはハンドル操作をミスし、最終的にXNUMX位となった。

フェラーリ GTE Proのねぐらを支配しましたが、期待されたマシンではそうではありませんでした。 実際、ジェームズ・カラドとダヴィデ・リゴンの458イタリア71号車が平均タイム1分38秒295で最速でした。 英国人選手とイタリア人の友人は、WECで初めてポールポジションを獲得した。 0 »2 では Bruni-Vilander の姉妹車が続き、0 »3 ではアストンマーチン ミュッケ・マクドウォール・リースによるヴァンテージ n°99。 初代ポルシェ 911 RSR、ミハエル・クリステンセン-リヒャルト・リーツ組 91 号車は 0 秒差で 5 位です。 カテゴリ内のすべての車が同じ秒内にグループ化されることに注意してください。

LTree Competition は GTE Am でポールを失った。 パオロ・ルベルティ/ジャンルカ・ローダ/ニコライ・シルベストのトリオのNo.7 C50.Rは、1分39秒901でヴィジアント・チームに6年の富士2012時間レース以来となるポールポジションをもたらしたが、リードを譲らざるを得なくなった。 72位は#XNUMX SMP Racing Ferrari。

明日のレースのスタートはフランス時間の午後4時00分です。

予選ビデオの概要

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く