WEC – 富士:ポルシェがアウディに応える

ポルシェは富士6時間レースXNUMX回目のフリー走行でベストタイムを記録し、初日のベンチマークタイムを更新した。しかし、アウディは非常に近いです。

公開 09/10/2015 à 10:08

デュピュイ

0 コメントを見る)

WEC – 富士:ポルシェがアウディに応える

1'24"460、これは、 ポルシェ ティモ・ベルンハルト・トリオの919ハイブリッドn°17-ブレンドンハートレー-第6戦富士XNUMX時間レースXNUMX回目のフリー走行中のマーク・ウェバー WEC。これがこの初日の新しいリファレンスであり、このレコードは棚から消去されています。 数時間前にアンドレ・ロッテラーが記録した1分24秒497。したがって、VWグループの偽兄弟間の100%ドイツの決闘は、すべての約束を守ります。

この最後のセッションでは、アンドレ・ロッテラーがマルセル・フェスラーとブノワ・トレルイエとシェアする18号車アウディ R7 e-tron クワトロが、わずか0秒で383位となり、ロマン・デュマ-ニール・ジャニ-マルク・リーブの919台目の0ハイブリッドをわずかに上回った。基準マークからわずか 682 »XNUMX 遅れています。両方 トヨタ TS040 ハイブリッドは 1”7 と 2”6 で、そのアドバンテージは 1 にあります。

民間のLM P1でも、CLM P1/01-AERがXNUMX台のレベリオン R-ワンの間に入り込むことに成功したため、この戦いは興味深いものとなることが予想される。

G-Drive は、LM P2 でもその勢いを継続するつもりです。 6月中旬のオースティン2時間レースで優勝したサム・バード/ジュリアン・カナル/ロマン・ルシノフ組26号車リジェJS P1は、32分131秒0でファステストラップを記録した。これは、リチャード・ブラッドリー、ニック・タンディ、マット・ハウソンがドライブする8位の05号車KCMGオレカ47より28インチ優れている。念のために言っておきますが、このXNUMX台はカテゴリーの総合順位で、セッションXNUMX位のデラニ-ゴンザレス-ヤカマンのリジェXNUMX番と一息の差で戦っています。

フェラーリ ジャンマリア・ブルーニ=トニ・ヴィランダー選手の458イタリア番号51号のおかげでGTEプロでパワーを獲得し、1分39秒922のベストタイムを記録した。主要なトリオは、ジェームス・カラドとデビッド・リゴンの姉妹車と、アストンマーチン ナイガード・ソレンセンの95番は、911台のポルシェXNUMX RSRを上回っています。

最後に、GTE Amでは、フランチェスコ・カステッラッチ-リアム・グリフィン-スチュアート・ホール組の96号車アストンマーティン・ヴァンテージが1分40秒706で新たなベンチマークとなった。この英国の美しさは、今朝のベストタイムを記録したロダ・ルベルティ・シルベストのラルブル・コンペティション・コルベットC7.Rと、デンプシー・ロング・シーフリードの911号車ポルシェ77 RSRに先立った。

明日、2回目のフリー走行セッションは午前50時6分(フランス時間)に開催される。予選は午前40時XNUMX分に開始される。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く