東京 – マックス・ギュンター(マセラティ)がオリバー・ローランド(日産)を抑えて優勝

マクシミリアン・ギュンター(マセラティ)が東京E-Prix史上初優勝を果たした。ドイツ人はオリバー・ローランド(日産)とジェイク・デニス(アンドレッティ)を破った。

公開 30/03/2024 à 07:59

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

東京 – マックス・ギュンター(マセラティ)がオリバー・ローランド(日産)を抑えて優勝

マクシミリアン・ギュンターが東京で優勝 - 写真: Frédéric Le FLoc'h / DPPI

  • 2024年シーズン第XNUMX戦東京Eプリクスでオリバー・ローランド(日産)がポールポジションからスタートした。 式E。日産の英国人選手は予選でドイツ人のマクシミリアン・ギュンター(マセラティ)とスイスのエドアルド・モルタラ(マヒンドラ)を破った。
  • フランス側はノーマン・ナトー(アンドレッティ)が11番手からスタート。ジャンエリック・ベルニュ(DS・ペンスキー)は13番手、サッシャ・フェネストラズ(日産)は20番手だった。チャンピオンシップリーダーのニック・キャシディ(ジャガー)はスタート時点では19位に過ぎなかった。ブラジルで優勝したサム・バード (マクラーレン)は東京最後尾からのテイクオフでした!
  • 好スタートを切ったオリバー・ローランドは消灯後もポジションを維持した。ローランド、ギュンター、モルタラ、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタといったトップ4がレースの先頭に立った(ポルシェ)。ジェイク・デニスとノーマン・ナトーの二人のアンドレッティスは待ち伏せに遭った。
  • ミッチ・エバンス(ジャガー)はプロトン内でブレーキをかけ損ねたため、サイドのウイングを損傷した。 シングルシーター ロビン・フラインス著(エンビジョン)。

  • コース上の破片のため、21周目にセーフティカーが出動した。レースは23周目に再開された。
  • マックス・ギュンターが25周目にオリバー・ローランドを抑えてイベントを主導した。ドイツ人選手はすぐに少しリードを奪い、財産を失うことなくXNUMX度目の攻撃モードに入ることができた。
  • この戦略は、オリバー・ローランドの復帰にもかかわらず、史上初の東京E-Prixで勝利を目指していたマセラティのドイツ人にとって功を奏した。 FEで2度目の優勝を果たしたチームと同様に、彼は昨年のジャカルタ以来、チャンピオンシップで勝利していなかった。
  • サシャ・フェネストラズはベルニュをわずかに上回る10位でフランス人選手として初のフィニッシュを果たした。ノーマン・ナトーは15秒のペナルティを受けてXNUMX位でフィニッシュした。
  • 6位でチェッカーフラッグを受けたエドアルド・モルタラは、エネルギー制限値を超えたため失格となった。これにより、ニック・キャシディ(ジャガー)は1つ順位を上げ、パスカル・ウェーレイン(ポルシェ)とポイントで並んで世界選手権で首位の座を維持することができた。
  • 30/03 午前 11:33 更新: 変更が加えられました 東京E-Prix最終順位。モルタラが本当に失格であれば、ノーマン・ナトーのペナルティは取り消されることになる。したがって、フランス人選手はレースで8位に浮上し、キャシディをXNUMX位に押し下げた。結果: パスカル・ウェーレインがチャンピオンシップの新たなリーダーに!

東京E-Prix最終順位:

東京後のドライバーズチャンピオンシップ:

 

東京後のチームチャンピオンシップ:

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く