エイドリアン・フォーモー、寒さから(復帰)してきた男

モンテカルロ期間中、すでに非常に興味深い活躍を見せていたエイドリアン・フルモーは、自身の変化と、待ち受ける課題にこれまでとは異なるアプローチで対処する能力をさらに証明しました。 WRC出場を逃したと発表されたフランス人選手は、WR​​C初の表彰台で自分にリソースがあることを証明した。

公開 27/02/2024 à 09:00

ロイック・ロッシ

0 コメントを見る)

エイドリアン・フォーモー、寒さから(復帰)してきた男

©Mスポーツ

アクションはSS4で行われました。フォード プーマ ラリー1エイドリアン・フォーモー et Alexandre Coria est revenue tout schuss sur la ヒュンダイ i20 blessée d’オィット・タナック. Après avoir fracassé l’avant de sa voiture contre un mur de neige, l’Estonien tentait de sortir au ralenti du chrono et les Français n’en ont pas été informés. Le pilote Mスポーツ a cependant aperçu l’obstacle assez tôt pour couper un peu sa vitesse. Il a su avoir le réflexe nécessaire et a bénéficié d’un soupçon de chance, car le chemin était juste assez large à cet endroit pour permettre à deux Rally1 de le partager. Ces images impressionnantes ont aussi été rétrospectivement effrayantes en se souvenant de l’accident de 2003 entre les deux 206 WRC de Harri Rovanperä et Juuso Pykälistö. Il y a quelques mois, avec le manque de réussite mâtiné d’une trop grande précipitation, Fourmaux aurait sans doute fait un strike avec la coréenne, offrant un clip spectaculaire de plus à sa collection. Cette fois, tout était aligné et il ne s’est pas laissé dist

ロイック・ロッシ

過去、現在、未来を専門とするジャーナリストで、南部のアクセントが特徴です

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 無制限のプレミアムアイテム
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • 2012 年以降の AUTOhebdo の全号が利用可能
COUV-2433

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く