エサペッカ・ラッピ、6年後の優勝者

主にリードを管理しなければならなかったレースの終わりに、エサペッカ・ラッピは2つのWRC勝利の間で最も長く待機したドライバーとなった。 2レースで2回の成功を収めたシリル・アビテブールのヒュンダイ戦略はうまくいっているようだ。

公開 27/02/2024 à 18:00

ロイック・ロッシ

0 コメントを見る)

エサペッカ・ラッピ、6年後の優勝者

©RedBullコンテンツプール

サービス車両の中には、ほぼ全員から嫌われているドライバーがいます。 WRC et il y en a d’autres qui font l’unanimité. Toujours souriant, Takamoto Katsuta est probablement le plus apprécié. Juste derrière, il y a Esapekka Lappi. Par la force des faits de course, mais aussi un peu grâce à leur talent sur la neige, les deux hommes se sont retrouvés à se battre pour la victoire et c’est le Japonais qui a craqué le premier, obligeant son adversaire à une course d’attente.

À la fin de la saison 2022, Esapekka Lappi avait surpris tout le monde en quittant Toyota pour Hyundai. Jusqu’à l’été 2023, les quatre podiums collectés ont donné de la pertinence à ce choix, puis tout s’est détraqué. Lancé dans une

ロイック・ロッシ

過去、現在、未来を専門とするジャーナリストで、南部のアクセントが特徴です

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 無制限のプレミアムアイテム
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • 2012 年以降の AUTOhebdo の全号が利用可能
COUV-2433

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く