WRC – ラトバラがツール・ド・コルスで優勝

ヤリ-マティ・ラトバラは、XNUMX位争いを繰り広げたエルフィン・エバンスとアンドレアス・ミケルセンを抑えてツール・ド・コルスで優勝した。

公開 04/10/2015 à 13:25

デュピュイ

0 コメントを見る)

WRC – ラトバラがツール・ド・コルスで優勝

フランスは成功する ジャリマティラトバラ。 での勝利からXNUMX年後、 ラリー アルザス出身のフォルクスワーゲンドライバーはツール・ド・コルスで初めて優勝し、マルク・アレン以来ラリー・デ・デ・10ヴィラージュで優勝した初のフィンランド人となった。 残されたフィンランド人 エルフィン・エバンス (フォード)最終ステージのXNUMXステージでウェールズ人選手と戦うことになった アンドレアス・ミケルセン 2位はフォルクスワーゲン。飛行士 Mスポーツ ノルウェー人に対して3”2のアドバンテージを維持した。

クリス・ミーク シトロエンはXNUMX位を確保したが、彼のチームメイトは マッツ・オストバーグ 先を行くことができなかった ヘイデン・パッドン (ヒュンダイ)彼は6秒先を行っており、放棄されたため6位に落ち着かなければなりません ケビン・アブリング (ヒュンダイ)は7番手走行中にSSXNUMXで路外に落ちた。

ダニ・ソルド (ヒュンダイ)がXNUMX位を奪った ブライアン・ブフィエ (フォード)イベント開始時のパンクから順調に回復した後、2”4秒を記録した。 ステファンサラザン (フォード)がXNUMX位に浮上 オィット・タナック (フォード)がトップXNUMXを独占 ステファン・ルフェーブル (シトロエン)。

セバスチャン・オジェ (フォルクスワーゲン)ランキング15位、前で勝ったパワーステージの勝利に満足 ロバートクビカ (フォード)と ジャリマティラトバラ.

ジュリアン・モーリン (フィエスタ S2000) わずか約 2 秒の差で WRCXNUMX で初の成功を収めた エサペッカラッピ (シュコダ ファビア R5)。 エリック・カミリ (フィエスタ R5) の復帰に抵抗した クレイグ・ブリーン (プジョー 208 T16)を記録し、アイルランド人選手にXNUMX秒未満の差で表彰台に上りました。 の新たな勝利 クエンティン・ギルバート JWRCではカテゴリータイトルを獲得した。

AUTOhebdo 2032 号の特派員が行ったツール・ド・コルスの分析をご覧ください。デジタル版は月曜の夜からすべてのプラットフォームで、水曜日からニューススタンドでご覧いただけます。

0 コメントを見る)