WRC – オジエがウェールズ・ラリーGBの首位を維持

セバスチャン・オジエはウェールズ・ラリーGBでクリス・ミークに対するリードをわずかに広げた。でも心はもうそこには無い…

公開 14/11/2015 à 12:53

デュピュイ

0 コメントを見る)

WRC – オジエがウェールズ・ラリーGBの首位を維持

セバスチャン・オジェ ウェールズ・ラリーGBのSS20終了時点で、(フォルクスワーゲン)はクリス・ミーク(シトロエン)との差を10秒近くまで広げた。フランス人選手は、昨夜この国を襲った攻撃の後、仕事に集中するのが難しいと感じている。 「こういうことが起きていると集中するのが難しい。 私たちは自分たちがやっていることが本当に二の次であることを認識しています。」、XNUMX回の世界チャンピオンを宣言しました。

マッツ・オストバーグ (シトロエン)はパンクしたと勘違いして停止した後、XNUMX位を維持した。ノルウェー人選手が先を行く オィット・タナック (フォード)と ダニ・ソルド (ヒュンダイ)。このスペイン人選手は、ギアボックスの問題で失速してバリアに衝突し、中断されて6位に後退した。

ヘイデン・パッドン (ヒュンダイ)はエルフィン・エバンス(フォード)を抑えて7位を維持した。 ステファン・ルフェーブル (シトロエン)がXNUMX位となった。 ロバートクビカ (フォード)がトップXNUMX入りを果たした。

エリック・カミリ (フィエスタR5)が引き続きトップ WRC ティーム・スニネン(シュコダ・ファビアS2)に11秒の差をつけて2000位となった。 クレイグ・ブリーン (プジョー 208 T16) がトップ XNUMX を占めます。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く