World RX – ソルベルグとクリストファーソンがイタリアで優勢

世界ラリークロス選手権のイタリアのフランチャコルタイベントの初日終了時点で、ペター・ソルベルグとヨハン・クリストファーソンは同点となった。

公開 17/10/2015 à 19:49

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

World RX – ソルベルグとクリストファーソンがイタリアで優勢

どこでも優勝とXNUMX位、同点は完璧です ペッター・ソルベルグ(SD RX?シトロエンDS3)とヨハン・クリストファーソン(VWチーム・スウェーデン?フォルクスワーゲン・ポロ) イタリアで開催されたフランチャコルタ大会の最初のXNUMXつの予選ラウンド終了時。

もしスウェーデン人が今朝最初にシュートを打っていれば、世界チャンピオンは即座に第XNUMXラウンドで勝利してそれに応えた。 今週土曜日、この二人はロシアのティムール・ティメルジャノフ(オルスベルグスMSE)のフォード・フィエスタ・スーパーカーがXNUMX位とXNUMX位に先行している。

ティミー・ハンセン (チーム) プジョー-ハンセン? プジョー 208) は前回の World RX ほど効率的ではありませんでしたが、依然として暫定ランキング XNUMX 位で待機しています。 彼のチームメイト デイビー・ジーニー は10位ですが、 ゲラン シチェリー (JRM レーシング? ミニ) は13位タイ、リアム・ドーランはXNUMX位で、現在準決勝への出場権を最後に得ている。

この日はマンフレッド・ストール(チーム・オーストリア?フォード・フィエスタ)がフリー走行中にステアリングを損傷したが、チームの素晴らしい仕事のおかげで予選ヒートに参加することができた。 成功率が低い ジジ・ガリのキア・リオ・スーパーカーがオイル漏れに遭遇し、イタリア人選手はその日のリタイアを余儀なくされた。

ユーロ RX では、アレクサンダー・フヴァールがシトロエン DS3 で、ジェローム・グロセット・ジャナン(アルバテック・レーシング?プジョー 208)とトミー・ルスタッドを抑えて優勝しました。

0 コメントを見る)