WEC – #18 ポルシェはオースティン予選で問題を抱えた

デュマ・リープ・ジャニのポルシェがサーキット・オブ・ジ・アメリカズで6時間のポールポジションからスタートするとしたら、18号車がメカニカルトラブルに見舞われたことを考えると、そのパフォーマンスはさらに驚くべきものだ。

公開 19/09/2015 à 16:45

デュピュイ

0 コメントを見る)

WEC – #18 ポルシェはオースティン予選で問題を抱えた

ニール・ジャニとマーク・リーブは、テキサス州オースティンで開催されたサーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レースの予選で、平均1'46"211というベスト平均タイムを達成することができた。 ポルシェ 18番、チームメイトのティモ・ベルンハルトよりもXNUMX分のXNUMX優れている ブレンドンハートレー #17のステアリングを握る。

しかし、スイスのポールシッターである彼は、最初の試行中にメカニカルトラブルに遭遇し、No.919 18 ハイブリッドのクルーのスムーズな予選の進行が中断されました。 「赤旗が気になりました(KCMGのオレカ05がコース上で停止)。 ターボがなくなった その後。 それでも可能な限り最高のタイムを出そうと努力した。 マークの問題は解決されました。 アウディ勢が近すぎたので最後に順位を上げましたが、摩耗したタイヤでポールポジションを獲得できるとは思いませんでした。」とニール・ジャニは打ち明けた。

「ニールは最初のラップでタイムをロスした。ハイブリッドシステムへの不安しかし、その後、彼は自分の能力を示すことができました。」とポルシェのテクニカルディレクター、アレクサンダー・ヒツィンガー氏は語った。 「私たちは予選ダブルスで素晴らしい成績を残しています。 レースでは路面温度とタイヤのパフォーマンスが最も重要なパラメーターとなります。 »

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レースのスタートは今夜真夜中に行われる。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く