ブランパン スプリント – リナルディ レーシングが報われ、ヴァンスールはダメージを受けた

ノルベルト・シードラーとマルコ・ゼーフリートがイタリアのミサノで今シーズン初のスプリントシリーズレースで優勝した。 このイベントは、ローレンス・ヴァンスールのアウディ 1 号車が巻き込まれる暴力的な事故によって特徴付けられました。

公開 03/10/2015 à 22:02

デュピュイ

0 コメントを見る)

ブランパン スプリント – リナルディ レーシングが報われ、ヴァンスールはダメージを受けた

予選レース ブランパン スプリント シリーズ イタリアのミサノでは、リナルディ・レーシングに微笑んだ。 ノルベルト・シードラーとマルコ・ゼーフリートが、アルプスの反対側で今週末開催された最初のイベントで優勝した。

ポールポジションからスタートすると、 フェラーリ 458 イタリア No.333 は、夜間に行われたこのレースを通じて心配することなく、スプリント シリーズで今年初の成功を収めました。 かつては常に進化する日産 GT-R ニスモの脅威にさらされていましたが、後者が左前輪を交換するためにピットで時間をロスしたことで、上位陣の作業は容易になりました。

でもこのレースのイメージは残るだろう チャンピオンシップリーダーのローレンス・ヴァンスールを巻き込んだ事故、チームWRTのアウディR8のロビン・フラインスとジュール・シムコヴィアクの3号車ベントレー・コンチネンタルGT83が、ヴァンスールが追い越しをしようとした際にXNUMX台の車が接触した後に発生した(動画は25:25から)。 バリアに激しい衝撃を受けた後(セーフティカーの介入が必要)、ベルギー人選手は車から降り、マーシャルに助けられて歩けたが、左足に目に見えて負傷を負った。 メインレースに向けて1番の存在は依然として不透明だ。

勝利したフェラーリの後ろには、 ランボルギーニ ウラカンがスプリントシーンに登場 堅実な初結果をもたらしました。 ミルコ・ボルトロッティとパトリック・クジャラ組の63号車は、チームHTPの84号車ベントレー・コンチネンタルに乗るヴィンセント・アブリルと組んだマキシ・ビュークの復帰に抵抗した後、XNUMX位に終わった。彼は表彰台を獲得し、順位争いで重要ポイントを取り戻すことが期待されていた。不運なデュオ、ヴァントール=フラインスとのチャンピオンシップ。

しかし、フランスとドイツのペアはピット内での違反によりドライブスルーのペナルティ(タイムペナルティに変換)を科され、8位アウディ R2 LMS ウルトラの恩恵を受けてXNUMX位を失った。 エンツォ・イデとクリストファー・ミース。 クリストフ・ブシューとアレクセイ・カラチェフ(メルセデス SLS GT3 – GTロシアチーム)がプロアマで優勝。 メインレースは明日日曜日、フランス時間午後14時に開催される。

0 コメントを見る)