NASCAR – ジョンソンがテキサスでケセロウスキーを破る

昨日のテキサスではブラッド・ケセロウスキーに手がつけられないように見えたが、ペンスキーのドライバーはジミー・ジョンソンがレース終盤にやって来て彼から勝利を奪うのを見た。

公開 09/11/2015 à 08:32

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

NASCAR – ジョンソンがテキサスでケセロウスキーを破る

312チェイスのエリミネーターラウンドでは、昨日テキサスイベントで予定されていた334周のうち2015周がリードされ、 ブラッド・ケセロウスキー (チーム・ペンスキー?フォード) マイアミ・ホームステッド(フロリダ)でのシーズン最終戦への出場資格を得る成功を収めることができたようだ。

これは、稲妻の帰還を当てにすることはありませんでした。 ジミー・ジョンソン (ヘンドリック・モータースポーツ?シボレー) 最後のラップで。 NASCARスプリントカップシリーズXNUMX回チャンピオンがケセロウスキーを追い越すことになった チェッカーフラッグまであとXNUMX周で名誉ある勝利を収め、ジョンソンはタイトルレースから敗退した。

48 号車シボレー SS のドライバーは、このテキサスのサーキットで、昨年 XNUMX 月に続いて今年 XNUMX 勝目を飾りました。 これは今季XNUMX度目の成功でもある。 ケビン・ハーヴィック(スチュワート)ハース レーシング?シボレー)は、レース中に2度のパンクを乗り越えてトップ3に入りました。カイル・ブッシュ(ジョー・ギブス・レーシング)が優勝 トヨタ チームメイトのカール・エドワーズを抑えて4位となった。

イベントの最初の部分をアニメーション化したパンクチャ そして誰の努力を台無しにしたのか ジョーイ・ローガノ (チーム・ペンスキー?フォード)またはデイル・アーンハート・ジュニア(ヘンドリック・モータースポーツ?シボレー)。

テキサスでのイベントのレポートは次のとおりです。 ナスカー スプリント カップ シリーズ、AUTOhebdo の 2037 号に掲載されており、今夜デジタル版で入手可能で、今週水曜日にはニューススタンドでも入手可能です。

0 コメントを見る)