フォーミュラ e – シーズン 2 で導入されたフルコース イエロー

フォーミュラE主催者は本日、フルコースイエローシステムが100~2015年の全電動シングルシーター選手権に採用されると発表した。

公開 30/09/2015 à 13:49

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

フォーミュラ e – シーズン 2 で導入されたフルコース イエロー

のセカンドシーズン フォーミュラe24月XNUMX日に中国の北京で開幕するこの大会は、技術的にもスポーツ規定の面でも斬新な点が特徴だ。 いくつかのチームによって内部開発された新しいパワートレインに加えて、スポーツルールはすでにいくつかの変更を受けています。 新しい資格制度、の 限定的なドライバーの変更、または ファンブースト レースで延長されました。

今週水曜日は、 フルコースイエロー、すでに存在します WEC または、2015年から2016年に公式となったブランパンGTシリーズ。 パイロットはこの体制の下で敬意を払わなければなりません 時速50kmの速度、前車との間隔を保ち、一列で進みます。 ピットレーンはFCYのもとで開放されるが、速度は依然として50km/hに制限される。

また、 罰則は見直されるだろう XNUMX回目となる今回のキャンペーン。 レースマーシャルには XNUMX つのレベルの制裁が適用されます。

A) XNUMX 秒のペナルティ。ドライバー交代を開始する前にピットレーンで観察されるか、停止後にペナルティが課された場合はレースタイムに追加されます。
B) XNUMX 秒ペナルティと同じ適用方法による XNUMX 秒ペナルティ。
C) ドライブスルー
D) XNUMX 秒間のストップ&ゴー。

0 コメントを見る)