サンパウロ E-Prix – 予選: ウェーレインがワイヤーでポールポジションを獲得、DS ペンスキーが祝賀!

サンパウロE-Prixでは、パスカル・ウェーレインがストフェル・バンドーンを3分のXNUMX秒差でポールポジションを獲得しました。 DSペンスキーは二人ともトップXNUMX入りを果たした。

公開 16/03/2024 à 15:04

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

サンパウロ E-Prix – 予選: ウェーレインがワイヤーでポールポジションを獲得、DS ペンスキーが祝賀!

©DPPI

  • 1000分の2秒!サンパウロE-Prix(ブラジル)の予選決勝で、ポールシッターのパスカル・ウェーレイン(ポルシェ)と対戦相手のストフェル・バンドーン(DS・ペンスキー)を分けたのは、わずかな差だった。チャンピオンシップ2位のドイツ人は、パウリスタのトラック最後の数メートルでベルギー人をワイヤーに打ち負かし、今季2度目のポールポジションを獲得した。
  • 準決勝でパスカル・ウェーレインと対戦し敗退したマクシミリアン・ギュンターは、FP20後のギアボックス交換により2位のペナルティを科せられ、許可されたノルマ(シーズン当たり22回)を超過した。マセラティのドライバーはグリッド最後尾のXNUMX位に降格した。
  • ジャンエリック・ベルニュもサンパウロで行われた予選で準決勝に進出した。グループAでベストタイムをマークしたフランス人選手は、DSペンスキーのチームメイトであるストフェル・バンドーンに準決勝で敗退した。ただし、この種目のダブルチャンピオンは3番グリッドからスタートすることになる。
  • 他の8人のフランス人選手はそれほど精彩を欠いており、サッシャ・フェネストラズ(日産自動車、グループB11位)とノーマン・ナト(アンドレッティ、グループA14位)はグループステージで敗退した。第1都市は14日、第2都市は21日にスタートする。
  • グループAで4回目のタイムを獲得し、デュエルズへの出場権を獲得したニコ・ミュラー(ABTクプラ)は最終段階に出場できなかった。このスイス人はサスペンションの損傷によりガレージに閉じ込められていた。 シングルシーター、グループステージ中の最後の試みで壁に接触した後。
  • チャンピオンシップの大本命のうち11人がグループ段階で敗退した: ニック・キャシディ (ジャガー) はグループAのデュエルズ出場権獲得まであと9分の6で失敗し、10番手スタートとなる一方、ジェイク・デニス (アンドレッティ) は出場せず、XNUMX番手のみと契約した。グループBでタイムを出し、プロトンの真ん中、XNUMX位からスタートする。
  • 最初の予選セッションは、グループ A の開始数秒後にサンパウロのカーニバルの装飾がトラックに落ちたという奇妙な出来事によってすぐに中断されました。ドライバーに影響はなく、セッションは数分後に再開できた。

さらに詳しい情報は追って…

グループA

グループB

最終段階

こちらもお読みください > フォーミュラE、シーズン10のマニュファクチャラーズトロフィーを発表

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く