フォーミュラEは新たな予選システムを採用

フォーミュラE主催者は予選システムをスーパーポール方式に変更した。

公開 18/09/2015 à 12:49

デュピュイ

0 コメントを見る)

フォーミュラEは新たな予選システムを採用

ePrix ポール 式E の終わりに授与されます15台の車両による5分間の「シュートアウト」、特に世界で実践されている方法で IndyCar。 主催者は最初のシーズンの原則を再開し、予選は4人のドライバーからなる6つのグループにランダムに割り当てられるが、セッションはXNUMX分間のみ続く。

最速の3人のドライバーがポールを目指して戦う。 まだ走行中のドライバーの中で最も遅いドライバーが最初にスタートする、というようになります。 残りのグリッドは、最初のセッションで取得したタイムに基づいて作成されます。 ポールシッターには常に XNUMX ポイントが与えられます。

スーパーポールのコンセプトは、30月XNUMX日金曜日にパリで開催される次回のFIA世界評議会に提出される。

0 コメントを見る)