サファリラリーでもヒュンダイにとってアフリカの呪いは続く

サファリラリーで毎年韓国メーカーに降りかかる呪いが再び襲った。 3 回の非常に複雑な版を経て、シリル・アビテブールの部下たちは再び非常に波乱万丈な旅を経験しました...そこからティエリー・ヌーヴィルが大きな受益者として浮上しました。

公開 02/04/2024 à 13:00

ロイック・ロッシ

0 コメントを見る)

サファリラリーでもヒュンダイにとってアフリカの呪いは続く

©ニコス・カティキス/DPPI

おそらく、優秀なエンジニアを採用する代わりに、 シリルアビテーブル ferait mieux d’embaucher un marabout qui sache déjouer les mauvais sorts qui frappent ヒュンダイ chaque année au Kenya. Ce n’est en effet pas encore cette saison qu’une i20 se hissera sur la première marche du podium. Le début du ラリー avait pourtant été prometteur.

Tout avait bien démarré. Sur la terre presque rouge de la super-spéciale de Kasarani, ティエリーヌーヴィル et オィット・タナック ont signé le doublé en tête de la course. Ensuite, l’Estonien et Esapekka Lappi sont parvenus à rester en embuscade du leader Kalle Rovanperä avant que ce dernier ne s’échappe. Les deux i20 avaient moins de 17’’ de retard quand tout a commencé à partir de travers. En seul

ロイック・ロッシ

過去、現在、未来を専門とするジャーナリストで、南部のアクセントが特徴です

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 無制限のプレミアムアイテム
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • 2012 年以降の AUTOhebdo の全号が利用可能
COUV-2433

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く