World RX – ハンセンがロエアックでプジョーの成功を提案

ティミー・ハンセンは、ブルターニュのロヘアックで開催された世界ラリークロス選手権のフランスラウンドで、ペター・ソルベルグを抑えて優勝した。 ジャン=バティスト・デュブール氏が登壇。

公開 06/09/2015 à 17:11

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

World RX – ハンセンがロエアックでプジョーの成功を提案

プジョーチーム・プジョー・ハンセン 今週末、ライオンズのホームミーティングで輝きを放つことに熱望していた。 World RXのブルターニュのロヘアック. ティミー・ハンセン、世界選手権の最後のイベントですでに優勝しています。 ラリークロス ノルウェーの地獄で、フランスのメーカーの期待に応えました。

予選ヒートを優位に進めた23歳のスウェーデン人は、マティアス・エクストローム(アウディS1?EKS RX)とジャン-バティスト・デュブール(シトロエンC4)を抑えてシリーズを制覇し、楽々決勝進出を決めた。 しかし、デイビー・ジーニーは観客の前でグランドファイナルに進出することができず、あまり成功しなかった。

準決勝第2試合は許可された ペッター・ソルベルグ (DS3? SDRX)、ヨハン・クリストファーソン(フォルクスワーゲン・ポロ?VWチーム・スウェーデン)とロビン・ラーション(アウディA1)がファイナリストXNUMX名に上りました。 しかし、ブルターニュで最も強かったのはティミー・ハンセンで、最終的に決勝でペター・ソルベルグを破って優勝した。 素晴らしいパフォーマンス XNUMX位はジャンバティスト・デュブール選手 ロヘアックに大勢集まったファンを喜ばせた。

ロヘアックでの世界ラリークロス選手権のフランスラウンドの完全なレポートは、AUTOhebdo の 2028 号でご覧いただけます。デジタル版は明日の夕方から、今週水曜日からニューススタンドで入手可能です。

0 コメントを見る)