NASCAR – ジョーイ・ロガーノ:「卑劣な行為」

マーティンズビルまでの過去XNUMX回のスプリントカップレースで優勝したジョーイ・ロガノは、マット・ケンセスと衝突する前にXNUMX度目の勝利を収めるつもりだったようだ。

公開 03/11/2015 à 13:55

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

NASCAR – ジョーイ・ロガーノ:「卑劣な行為」

先週の日曜日、バージニア州マーティンズビルで、 ジェフ・ゴードン (ヘンドリック・モータースポーツ – シボレー) 決勝進出を確保した マイアミホームステッド(フロリダ)でシーズンを終え、タイトルでキャリアを終えるという希望を持ち続けた。

しかし、2015 年のエリミネーター ラウンド オブ ザ チェイスのこの最初のイベントのもう XNUMX つのイメージは、依然として、 Joey Logano (Team Penske ? Ford) et Matt Kenseth (Joe Gibbs Racing ? トヨタ)。 もしケンセスがカンザス大以来すでにタイトルレースから除外されていたとしたら、 ロガーノとの接触後、ペンスキーのドライバーは今、シーズン最終戦への出場権を得るというプレッシャーにさらされていることに気づきました。

「それはまさに卑劣な行為でした。 ただの完全な卑怯者だよ。 他に言うことはありません, ロガーノは、チェイスでXNUMX連覇が狙えると宣言した。 諦めるつもりはありません。 ただ勝たなければなりません。 » マット・ケンセスは、ブラッド・ケセロウスキー(チーム・ペンスキー)とカート・ブッシュ(スチュワート)との事故により、このイベントでのチャンスをほぼ失った。ハース レーシング? シボレー)も自分の非を認めた。

マーティンズビルのイベントのレポートは次のとおりです。 ナスカー、AUTOhebdo の 2036 年号で、すでに入手可能です デジタル版そして明日は新聞スタンドに並びます。

0 コメントを見る)