アレクサンドル・ジボー: 「ポルシェで働けることを光栄に感じている毎日です」

マニクールを訪れてからレースに夢中になったこの北部人は、名門メーカーで情熱を持って生きています。 ほぼXNUMX年間中国に亡命し、PCCFの発展に多大な貢献を果たしたこの男は、今日、アジア支部にタッチをもたらし、全世界の注目を集めている。

公開 08/10/2023 à 14:15

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

アレクサンドル・ジボー: 「ポルシェで働けることを光栄に感じている毎日です」

© www.race-film.de

こんにちは、アレクサンドル。 車とつながっているのがわかります。 それについての逸話はありますか?

この911カレラSは、その色からして少し歴史があります。今年は創立75周年を記念して、 ポルシェ、「Dream in Colors」キャンペーンを開始しました。ブランド創立911周年も祝うタイでは、911色の曜日とそれに対応するXNUMXカレラGTSに焦点を当てた取り組みとなっている。そこでは、あなたが生まれた曜日は、日付とほぼ同じくらい、あるいはそれ以上に重要です。黄色は私の生まれた日である月曜日に相当するので、黄色の XNUMX をお願いしました。

私たちはル・マンで会いましたが、今日あなたが自分自身を証明するのは、フランスからは長い道のりです。

実際、私は中国の上海で働いています。 32歳のときにフランスを離れました(2015で。 編集者注)。 私は通常の仕事に就いたことがありませんが、常に自分の情熱を自分の活動に変える機会がありました。 彼女は今でも私を導いてくれる人です。

初めてのレースの思い出はいつですか?

子供の頃にグランプリを観たのがきっかけでした。 私とモータースポーツとの最初の本当の接触もまた、 F1、マニクール(ニエーヴル県)で両親と一緒に参加したテストセッション中に。 マクラーレン リジェはそこへ車で向かいました。 今でも頭の中にイメージが残っています。 そんな時にウイルスに感染してしまいました。 それ以来、私は自分にこう言い聞かせました。 これが私のやりたいことです! 」。私

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 最大 -50% 割引!
  • 無制限のプレミアム記事
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • AUTOhebdo アプリで 2012 年以降のすべての号にアクセス
オートヘブド 2467

0 コメントを見る)