F1 のフランス人ドライバー – セバスチャン・ブルデー

オートヘブドは、ル・マン出身の「米国生まれ」セバスチャン・ブルデーとともに、1年以来F1950に関わったフランス人ドライバーの大規模な回顧展を毎週続けている。

公開 23/10/2021 à 09:00

フランソワ・ユレル

0 コメントを見る)

F1 のフランス人ドライバー – セバスチャン・ブルデー

28年1979月XNUMX日、ル・マン(サルト県)生まれ。

現役フランス人ドライバーの中で、セバスチャン・ブルデーは間違いなく最高の実績を持つドライバーの一人です。 完璧なドライバーである彼は、五大陸のうち XNUMX 大陸と、出場したすべての分野で優勝しています。 彼から逃れたのは、悲しいかな、ただ一人だけだった。 1式。 ル・マン・サーキットの近くで生まれた、才能あるアマチュアドライバー、パトリック・ブルデーの息子は、カートで最初に頭角を現し、チャンピオンシップで優勝しました。 24時間のルマン フランスのカデットチャンピオンになった後、1996年にこの専門分野の資格を取得しました。 その間、彼は9年にフォーミュラ・キャンパスで1995位でフィニッシュした。フランス・フォーミュラ選手権ではXNUMX位だった。 ルノー 1996年には1998回の優勝を果たし、翌年には副チャンピオンになった。 XNUMX年、彼はフランス選手権で最優秀初心者となった。 F3、6位でフィニッシュしました。 1999年にはXNUMX勝を挙げてタイトルを獲得した。 XNUMXつの季節が続きます

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 最大 -50% 割引!
  • 無制限のプレミアム記事
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • AUTOhebdo アプリで 2012 年以降のすべての号にアクセス
オートヘブド 2467

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く