ELMS – JOTA Sport がポール・リカールで輝く

シモン・ドラン、フィリペ・アルバカーキ、ハリー・ティンクネルのJOTA Sport Gibson 015SがELMSでXNUMX年連続の優勝を果たしました。 GTEとGTCではフェラーリとBMWが勝利。

公開 06/09/2015 à 18:11

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

ELMS – JOTA Sport がポール・リカールで輝く

JOTA SportとGibson 015S? 日産 今シーズンはシモン・ドラン、フィリペ・アルバカーキ、ハリー・ティンクネルに託され、今季の成功を受けて今週末はXNUMX本のパスを達成した。 レッドブル XNUMX月にオーストリアでリング。

VARのポール・リカールコースでは、今朝ポールポジションを獲得したトリオが圧倒的な強さを誇った カステレットの4時間、コース上でドーランのミスがあったにも関わらず、ジョン・ランカスター率いるグリーブス・モータースポーツ・チームの姉妹車に約XNUMX秒差をつけて勝利したのだろうか? ゲイリー・ハーシュ? ビョルン・ビルドハイム。

表彰台はBR01で完成? キリル・レディジン、ビクター・シェイタール、ミハイル・アレシンのAFレーシングチームからの日産n°21は、ミナシアンのもう01台のBR 2に先立つものでしょうか? メディアニ? マルコゾフ。 オリヴィエ・プラ、トレイシー・クローン、ニクラス・ヨンソンのクローン・レーシング・リジェJS P5がトップXNUMXに入った。

ナサナエル・ベルトンは成功を収められず、チームメイトのリチャード・ライオンズがマーフィー・プロトタイプズのオレカ03Rでハンドル操作をミスし、リタイアを余儀なくされた。 LM P3では、当然のことながら、ガエタン・パレトゥとマイケル・シンプソンのナンバー2がリタイアした後、チャンピオンに輝いたクリス・ホイとチャーリー・ロバートソンのチームLNTのナンバー2ジネッタ・ニッサンが優勝した。

GTEカテゴリーでは、 la フェラーリ 458 イタリア フォーミュラ レーシングの n°60 ジョニー・ローセン、ミッケル・マック、アンドレア・リッツォーリ著 アンディ・プリオール、ヘンリー・ハシッド、ジェシー・クローンのチーム・マークVDS BMW Z4と、ロバート・スミス、ロリー・ブッチャー、ジョニー・コッカーのJMWモータースポーツ・フェラーリ458イタリアが先行した。

GTCでは、 TDSレーシングはディノ・ルナルディ、フランク・ペレラ、エリック・ダーモントのBMW Z4で勝利 これは、スチュアート・ホール、トーマス・フローア、フランチェスコ・カステッラッチのフェラーリ 458 イタリア n°62 AF Corse に先行します。 L'アストンマーチン エルガード、ポールセン、モラーのマッシヴ・モータースポーツ・ヴァンテージが3位となった。

ル・カステレの4時間レースのレポートはオートヘブド誌2028号に掲載されており、デジタル版は明日の夕方から、今週水曜日からニューススタンドで入手可能です。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く