FFSA GT-C1: IMSAがマニクールで勝利を取り戻す

オリヴィエ・ペルノー、セバスチャン・デュメス、レイモン・ナラックがマニクールで開催されたFFSA GTのC1で優勝した。 IMSAパフォーマンス・マットムットのクルーがチャンピオンシップで首位を奪還。

公開 29/08/2015 à 18:58

デュピュイ

0 コメントを見る)

FFSA GT-C1: IMSAがマニクールで勝利を取り戻す

La ポルシェ オリヴィエ・ペルノー、セバスチャン・デュメス、レイモンド・ナラック組の911 GT3 Rは、レース1でポールアドバンテージを維持した。 FFSA GT マニクール(ニエーヴル)で優勝する。 フェラーリ アルノ・サンタマト、ステファン・ルメレ、エリック・カイロル率いるスポーツガレージの6番。 この2位にもかかわらず、元リーダーたちは、チームのクルーにXNUMXポイント差でチャンピオンシップの主導権を譲った。IMSA マトムットのパフォーマンス。

表彰台はセバスチャンの5号車アウディが獲得 ローブ クリストフ・アモン、クリスチャン・ボッテマン、そしてレース終盤の大逆転劇を描いたロニー・マルティンスによるレース。

Team AKKA ASPの20号車フェラーリに乗るジャンリュック・ボーベリックとフィリップ・ビアクのチームメイト、モルガン・ムーラン・トラフォールは、StrategiCの4号車ポルシェで17位だったバンジャマン・ラリッシュのリタイアを利用した。 コンボット・サモン・ギベールのNo.12スポーツ・ガレージ・フェラーリがトップXNUMXに入った。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く