FFSA GT – C2: AKKA-ASP がナバラで復活

昨日のレースを断念した#458 AKKA-ASP Ferrari 20 Italiaは、今週日曜日に勝利し、ナバーラでのコースに戻りました。

公開 27/09/2015 à 15:25

デュピュイ

0 コメントを見る)

FFSA GT – C2: AKKA-ASP がナバラで復活

昨日、このコースで行われた最初のレース ナバラ 乗組員に微笑みかけなかった マストロナルディ? ムーラン・トラフォール? ボーベリック (フェラーリ 458 イタリア n°20? AKKA-ASP)、オルタネーターの問題の被害者であり、彼のチャンスを台無しにしました。

今週の日曜日、ジェローム・ポリカンのチームはすべてが完璧に機能し、スペインのサーキットで止められない勝利を収めました。 このトリオは、ポールシッターのマイク・パリシー(アウディ R8 LMS ウルトラ n°3? セバスチャン)のパンクから部分的に恩恵を受けました。 ローブ レーシング)、XNUMX度の世界ラリーチャンピオンのチームの計画を大きく妨害した。

後ろに、AKKA-ASP、 チーム・ドゥケイン 458台のF36イタリア、No.8とNo.XNUMX、トリオのBrandela-Panciatici-StrazzerとDuqueine-Beltoise-Colançonが表彰台に上がりました。 ポルシェ Team StratégiCの911 GT3 R n°17では、最初のストップ後に14位からスタートし、3位でマウントを返し4位でフィニッシュしたベンジャミン・ラリッシュにサーシャ・ボッテマンヌの素晴らしいリレーが記憶に残ります。

一族のまた複雑な一日 スポーツガレージ。 F458イタリア エリック・カイロル、アルノ・サンタトマト、ステファン・レメレ パワーステアリングの故障により始動しなかったが、これはチャンピオンシップに関して6号車にとって重要な問題にはならない。 好調なスタートでトップに立ったとき、エンツォ・ギベール(F458 イタリア番号12)のリアディフューザーが外れ、イタリアGTは順位を後退させた。

シーズン最終戦は24月25日とXNUMX日にヴァールのポール・リカールで開催される。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く