鈴鹿 – テオ・プルシェールが苦戦、坂口晴南がポールポジション

スーパーフォーミュラ初出場のテオ・プルシェーレはQ2に進出できず、ポールポジションを争う機会を失い、坂口晴南がその座を獲得した。

公開 09/03/2024 à 08:05

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

鈴鹿 – テオ・プルシェールが苦戦、坂口晴南がポールポジション

©Twitter/テオ・プルシェーレ

  • 以下のために ThéoPourchaire, スーパーフォーミュラ初のポールポジション獲得は、少なくとも来年17月のオートポリス戦(19~5日)まで待つことになる。チームインパル、トリコロールと関わり、XNUMX人で一日を良いスタートを切れた作者e フリー走行でタイムを記録したが、今週土曜日の予選では確認できなかった。
  • トラックに参加する最初のグループに配置された、2023 年のチャンピオン F2 時計の終わりを待って本当のフライングラップを開始することで、すべてのチャンスを味方につけ、Q2への切符を手に入れるか、少なくともそれを目指して戦えるはずだった。しかし、テオ・プルシェールは練習でのマークに比べて改善したにもかかわらず、最速ドライバー6人のうちに入ることができず、予選の後半に進むことができなかった。
  • 1分36秒868のラップでランキング8位となった。e グループAでは山下健太(コンドーレーシング)に2秒0差でQ117進出を逃した。チームメイトで経験豊富な2016年スーパーフォーミュラチャンピオン国本雄資(9歳)に勝利したテオ・プルシェールにささやかな残念賞e 1'37"292で彼のグループの中でした。今週日曜日、フランス人選手は6番グリッドからスタートするため、レース中(午前25時16分)に復帰が待っている。e 位置。できるだけ多くの順位を獲得するための最善の戦略を見つけるのは彼次第です。

  • Q2では優勝候補同士の熾烈な争いが繰り広げられ、最終的には坂口晴南(イングング)が優勝しました。昨年の予選での最高成績は依然として3位だったが、38号車トヨタのドライバーは1セクター中35セクターでタイムを伸ばし、最後のセクターを紫色に点灯させ、789分3秒4のラップタイムで誰もが同意した。ライン上では、太田格之進(ダンデライオンレーシング)がわずか91分の3差でゴールしたため、それほど問題にはならなかった。今季の大本命の一人、野尻智紀(チーム無限)がトップ3入りを果たした。
  • テオ・プルシェーレと同じくF2から参戦した岩佐歩夢(チーム無限)も11位に甘んじた。

こちらもお読みください > 日本デビュー前のテオ・プルシェーレ:「チャンピオンシップに出場するなら、それは優勝することだ」

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く