ERC – ヴァレー州ではブリーンが先頭に立っているが、ブフィエはすでに歩いている

クレイグ・ブリーンがラリー・デュ・ヴァレーで好スタートを切った一方、ブライアン・ブーフィエは最初のスペシャルでリタイアとなった。

公開 29/10/2015 à 18:22

デュピュイ

0 コメントを見る)

ERC – ヴァレー州ではブリーンが先頭に立っているが、ブフィエはすでに歩いている

クレイグ・ブリーン (プジョー 208 T16) が初日を圧倒しました。 ラリー ヴァレー州(スイス)のシーズン最後のイベントERC。 月初めのアクロポリス・ラリー優勝者カジェタン・カジェタノヴィッチが不在の中、アイルランド人選手は予選ステージとファーストステージの3ステージを制し、アンタッチャブルであることを証明した。

クレイグ・ブリーンとの間でプジョーの試合が形になりつつあるように見えた ブライアン・ブフィエしかし、このフランス人選手は、低い壁に接触して左後輪とブレーキディスクが剥がれ、最初のスペシャル(ロイカーバート)の終わりにリタイアした。 " それは私のせいです "、フランス人パイロットを認めた。

地元のパイロット オリヴィエ・ブリ (DS 3 RRC) は 15 秒差でクレイグ ブリーンの最も近いライバルです。 スイスはXNUMX秒先を行っている アレクセイ・ルキャヌク アドバンテージを取った(フォード フィエスタ R5) フランソワ・デルクール (ポルシェ 911 GT3)。 1993年の世界副チャンピオン WRC トップXNUMXに浮上したが、特に曲がりくねった特別ステージの最後でポジションを譲り、後輪駆動車の仕事を複雑にした。

ラリー・デュ・ヴァレーの第30ステージは今週金曜日、10月05日午前XNUMX時XNUMX分から始まる。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く