ERC – クレイグ・ブリーンが第二の風を求める

2015年にすでにXNUMXつの大会で優勝しているアイルランド人のクレイグ・ブリーンは、イーペルとエストニアでXNUMXつの残念な結果を残し、夏の初めから失速していた。 今週末のバルムではリバウンドが予想される。

公開 27/08/2015 à 14:41

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

ERC – クレイグ・ブリーンが第二の風を求める

欧州ラリー選手権ドライバーズランキングでXNUMX位 ERC, クレイグ・ブリーン 今週末チェコ共和国で開催されるバルム・ラリーを前に、ポーランドのリーダー、カジェタン・カジェタノヴィッチとはわずかXNUMXポイント差だ。

後の XNUMX回連続の成功 ラトビアのラリー・リエパーヤとアゾレス諸島のイベントの間、ドライバー プジョースポーツ ~の道では同じような成功は得られなかった ラリー イーペル(路外)とエストニア(油圧喪失)。

ブリーンは昨年は気に入らなかったラウンドであるバルムで最前線に戻ることを目指すだろう。 「道路が非常に速く、狭く、でこぼこしているこの困難なイベントに私が参加するのはこれで XNUMX 回目になります。

2014年はコースアウトしてすぐにリタイアしたので、今年の目標は、過去XNUMX回の残念な結果に続いて、ミスをせずにチャンピオンシップでポイントを獲得することです。 私はチーム全体が私がこれらの目標を達成できるようサポートしてくれると信じています。 »

アイルランド人選手は明日、特にヤン・コペッキーやヤロミール・タラブスのシュコダ・ファビアR5、あるいはカジェタノヴィッチとエストニアでの最新優勝者アレクセイ・ルキャヌクのフォード・フィエスタR5でやるべきことがたくさんあるだろう。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く