SS18: キミ・ライコネンがスローダウン

公開 07/05/2009 à 19:34

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

シトロエンジュニアチームから世界ラリー選手権にデビューするキミ・ライコネン(シトロエンC4)はSS18で大きく遅れをとり、ミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカス)のタイムから36分以上遅れてゴールした。フィンランド人選手はパンクに見舞われた可能性があるが、ヴァルムルセーセン特別戦終了時の到着についてコメントを避けた。一般的な分類では、彼は現在25位からXNUMX分以上離れており、初日に雪の壁でXNUMX分以上立ち往生するなど、顕著に多くの時間をロスした。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く