写真で – アラゴンでポルシェとともにコースを走るセバスチャン・ベッテル

セバスチャン・ベッテルは、モーターランド・アラゴン・サーキットでポルシェ 118 を駆り、581 周、合計 963 キロメートルを完走しました。 1度のFXNUMX世界チャンピオンの日を写真で振り返る。

公開 27/03/2024 à 10:05

バレンティン・グロ

0 コメントを見る)

写真で – アラゴンでポルシェとともにコースを走るセバスチャン・ベッテル

963 のハンドルを握るセバスチャン・ベッテル - 写真: ポルシェ

セバスチャン·ベッテル 彼は最初にいますか? 24時間のルマン 2024年15月XNUMX日?まだ何も決まっていないが、XNUMX度の世界チャンピオン 1式 とともに レッドブル 今週火曜日26月15日、モーターランド・アラゴン・サーキット(スペイン)でポルシェ・ペンスキー・モータースポーツLMDhのハンドルを握る機会がありました。このドイツ人はシュトゥットガルトのプロトタイプのハンドルを握る時間を楽しんでいたようで、今のところ発表されているのはフランス人のマチュー・ジャミネだけとなっているサルト・クラシックのエントリーリストに正式にエントリーされたXNUMX人目のポルシェの特別ゲストとなる可能性がある。 。ベッテルがXNUMX月XNUMX日のル・マンのダブルクロックレースのスタートに出場するかどうかを待ちながら、スペインでのこのテストデーを振り返ってみます。

アラゴンでポルシェ 963 をテストするセバスチャン・ベッテル:

 

こちらもお読みください > "楽しかった!" »: ベッテルは笑顔でポルシェ 963 に乗ってテストを完了

バレンティン・グロ

ジャーナリスト。 耐久レポーター (WEC、IMSA、ELMS、ALMS)、時々 F1 またはインディカー。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く