ERC – クレイグ・ブリーン、ヴァレー州で成功を奪われる

今年XNUMX度目の優勝者となったクレイグ・ブリーンは、スイス大会を制覇した後、タイヤの使用量が多すぎたためにXNUMX分間のペナルティを受け、最終的に勝利を剥奪された。

公開 31/10/2015 à 16:50

トーマス・ゴーバン

0 コメントを見る)

ERC – クレイグ・ブリーン、ヴァレー州で成功を奪われる

クレイグ・ブリーン (プジョー 208 T16) は最初から最後まで優勢でした。 ラリー ヴァレー州(スイス)のアイルランド人選手は、2015年カレンダーの最終戦終了時点で今季40勝目をマークしたが、すでにラトビア、アイルランド、アゾレス諸島(ポルトガル)で勝利を収めているアイルランド人選手は、実際、第XNUMX試合ではXNUMX秒近くの差をつけて勝利していた。先に進む アレクセイ・ルキャヌク (フォード フィエスタ R5)、彼の最接近者。

「それは私にとって非常に重要な勝利です。 私はチームとともに素晴らしいXNUMX年間を過ごしました。 今年は特に専門イベントで良いペースで走れました。 私のペースは決して問題ではなかったが、私のシーズンはもっと良くなったかもしれない」、彼はその時宣言した。

ただし、プジョー・ラリー・アカデミーのメンバーは最終チェックの5分後にペナルティを受けた。 問題となっているのは、通常割り当てられている規制上の割り当て量が XNUMX 個のゴムであるのに対し、マーク付きタイヤ XNUMX 個の使用である。 また、ブリーンはXNUMX位に後退し、優勝は今季すでにエストニアで優勝しているルキャヌク(フォード・フィエスタRXNUMX)となった。

オリヴィエ・ブリ (DS 3 RRC) ロシアの攻撃に負けて表彰台を獲得し、首位に立った エミール・ベルクヴィスト (208 T16) および フロリアン・ゴノン (プジョー 207 S2000)。

推進力のハンドルを握って頭角を現した後、 フランソワ・デルクール (ポルシェ 911 GT3) は、ラジエーター交換により XNUMX 位に後退し、フィニッシュまで XNUMX ステージでリタイアを余儀なくされました。

ラリー・デュ・ヴァレーのビデオ

AUTOhebdo の 2036 号でラリー・デュ・ヴァレーのレポートをご覧ください。すべてのプラットフォームでデジタル版が月曜日の夜から、ニューススタンドで水曜日から入手可能です。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く