スーパーフォーミュラのテオ・プルシェール:チャンピオンシップでのフランス人選手の結果は?

今週末、テオ・プルシェールがスーパーフォーミュラで日本に復帰する。 F2世界チャンピオンは、多かれ少なかれこのカテゴリーで活躍した多くのフランス人の足跡をたどることになる。

公開 06/03/2024 à 16:23

書き込み

0 コメントを見る)

スーパーフォーミュラのテオ・プルシェール:チャンピオンシップでのフランス人選手の結果は?

テオ・プルシェールは今週末にスーパーフォーミュラデビューを果たします。

フランス人が日本を征服! スーパーフォーミュラにおけるテオ・プルシェーレの物語の最初のページ 今週の土曜日9月10日とXNUMX月XNUMX日日曜日に書かれる予定です。彼の前には他のXNUMX人のフランス人ドライバーがこのチャンピオンシップに参加し、非常に対照的な成功を収めた。

多くの場合、困難な始まり

スーパーフォーミュラデビュー戦で必ずしもトップチームに入るわけではないフランス人チームは、最初のシーズンはしばしば困難を経験した。少なくとも一度はチャンピオンシップに参加した10人のうち、XNUMX人がトップXNUMXに入れなかった。わずかXNUMX人(Pierre Gasly と2017中 ロイック・デュバル 2006 年)、総合トップ 5 を達成することでこれを達成しました。現在のパイロット Alpine 鈴鹿での最後の2レースが台風により中止になるまで、タイトルを争っていた。

テオ・プルシェールは、ピエール・ガスリーの足跡をたどり、総合優勝を目指して戦い、自分が世界選手権に出場するに値することをさらに証明したいと考えている。 1式。これを達成するには、次のものに頼ることができます チームインパル 彼のチームはレースやドライバークラスで表彰台を争うことに慣れている。

フランス人5名が優勝

全体として、12 人のドライバーのうち 11 人が少なくとも 2 つのグランプリで優勝することができました。ロイック・デュバルが1勝でこのランキングを独占しており、ブノワ・トレルイエ、ピエール・ガスリー、サシャ・フェネストラズ、ジュリアーノ・アレジがそれぞれ1勝、64勝、70勝、XNUMX勝で上位を占めている。最初のXNUMX人はフォーミュラ・ニッポンでXNUMX回とXNUMX回出走していることに注意してください。

しかし、シャルル・ミレシ、トリスタン・シャルパンティエ、トム・ディルマン、ジョナサン・コシェがスーパーフォーミュラで表彰台の頂点に上がったことがないとすれば、それは彼らのこの分野での経験が少ないことが主な原因である。後者は全員、キャリアの中で先発出場が6試合未満だ。

2つのタイトルのブルース

日本のカテゴリーに出場した2017人のフランス人のうち、2022人がタイトルを争った。 XNUMX年のピエール・ガスリーと同様に、サッシャ・フェネストラズも、混合の最初のXNUMX年間を経て、XNUMX年にチャンピオンシップで準優勝を果たした。

ブノワ・トレルイエとロイク・デュヴァルに関しては、まず数シーズンにわたって経験を積み、最初は2006年と2009年にXNUMX位でフィニッシュし、その後タイトルを獲得した。

こちらもお読みください > 2024年サウジアラビアGPのプログラム
ケルマン・マルティ

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く