ブーリエ氏:レッドブルは自らをこの状況に追い込んだ

マクラーレンのチーム代表であるエリック・ブーリエは、ホンダとレッドブルのパートナーシップに反対するというロン・デニスの意見に同意する。

公開 04/11/2015 à 11:16

ヴィルマン

0 コメントを見る)

ブーリエ氏:レッドブルは自らをこの状況に追い込んだ

エリック・ブーリエ監督 マクラーレン-ホンダ、ロン・デニスを支持、願い チームと日本のエンジンメーカーを結びつける独占性を維持する。 中 レッドブル 同社は2016年に向けてパワーユニットの新たなサプライヤーを懸命に探している一方で、アジアのブランドとの交渉を確立したいと考えていたが、ウォーキング会社の取締役は日本製エンジンの販売延長に反対していた。

「パートナーとして、繰り返しはしませんが、我々は戦略について合意する必要があります」、今週AUTOでエリック・ブーリエが宣言毎週. ロンがノーと言ったこととアライの話ではない (ホンダスポーツディレクター。編集後記) 誰がそうですか。 議論の余地はありません。 レッドブルには問題がある、それは他の誰でもないレッドブルによって作られたものだ。 私たちは慈善団体ではありませんし、支援するためにここにいるわけではありません。 マクラーレン・ホンダの立場は明らかだ。 »

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く