グロージャンはまだルノーを諦めていない

ロマン・グロージャンがハースF1チームと契約した場合、フランス人ブランドが彼の復帰を認めれば、数年以内にルノーに戻る可能性も排除されない。

公開 30/10/2015 à 09:59

デュピュイ

0 コメントを見る)

グロージャンはまだルノーを諦めていない

ロメイングロジアン いつまでも待ちたくなかった という決断 ルノー ロータスを取り戻すか否か F1 エンジニア と署名することを好みました ハース それにもかかわらず、元GP2016シリーズチャンピオンは、マニュファクチャラーとしてロサンジに戻るというアイデアに熱心でした。

「(ルノーにフランス人ドライバーがいれば)良かっただろうが、ハースへの移籍は、いつか、あるいはXNUMX年かXNUMX年以内に戻れないという意味ではない。 ルノーは、前進するには時間がかかることを認識している。 私はキャリア全体を彼らと一緒に過ごしてきたので、さまざまなエンジンの経験を持つドライバーがいることは彼らにとって理にかなっていたでしょう。」、ロマン・グロージャンは次のようにコメントしました。 F1公式ウェブサイト.

ロマン・グロージャンは、新しいチームへの出発がギャンブルであることを認識しているが、フランス人ドライバーはアメリカチームとの提携に頼っている。 フェラーリ. 「人生にはリスクが伴う。 F1マシンの運転にはリスクが伴い、レースにもリスクが伴う。 ギュンター・シュタイナー (チーム代表) とジーン (ハース、チームオーナー) は当初、プロジェクトの詳細をすべて私に話してくれませんでしたが、私が彼らと契約するのには十分でした。 F1におけるアメリカのチームはすでに大きな存在であるため、彼らは驚きを生み出すことができるだろう。 そしてフェラーリとのパートナーシップでは、それは計算されたリスクだ」とフランス人は付け加えた。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く