ハースF1:「冷たい水に飛び込むのは常に危険だ」

ハースF1チームのチーム代表ギュンター・シュタイナーは、彼のチームが来年競技デビューするため、2017年のルール変更を心配していない。

公開 11/09/2015 à 17:17

デュピュイ

0 コメントを見る)

ハースF1:「冷たい水に飛び込むのは常に危険だ」

ギュンター・シュタイナー、ハースチーム代表 F1 チームは、たとえ2016年に改正されたレギュレーションにより、約2017人を擁するアメリカチームがその仕事の大部分を再開することを余儀なくされたとしても、200年に最高のシングルシーター競技に参入するチームのスタートに自信を持っている。

ジャガーF1の元テクニカルディレクターであり、 レッドブルレーシング もし将来のルール変更の発表がもっと早く行われていたら、チームのオーナーであるジーン・ハースの計画は変更されなかったであろうと信じている。

« 冷たい水に飛び込むのは常に危険だ。 ここでは変化が常にあります »と彼は宣言した。 F1公式ウェブサイト. 「2017年はうまくいかないだろうから、2018年を目指すべきだと思うだろう。しかし、我々にとってはそうではなかった。 私たちは戦略を確立しました。私たちはそこにいたいが、戻りたくないのです。 2017 年についてはまだ何も公式には発表されていません...そしてそれは私たちにとって問題ではありません。 »

エステバン・グティエレスがXNUMX月末に承認されるべきかどうか(以下を参照) オートヘブドの番号 2028)、ハース F1 チームは経験豊富なクルーを育成したいと考えています。 ジャン=エリック・ベルニュの名前、 ケビン・マグンセン ou ロメイングロジアン (ロータス F1 チームとの間の合意による) ルノー)が挙げられます。 「現時点ではアメリカ人パイロットの計画はありません。 GP2と F3しかし、ルーキーを新しいチームに迎えるのは両方の観点から複雑になるだろう」とギュンター・シュタイナーは付け加えた。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く