ノリスはバーレーンでのマクラーレンのペースに安堵した。 »

フリー走行中のマクラーレン MCL38 のパフォーマンスを心配していたランド・ノリスは、最終的にはバーレーン GP 中に騎乗馬が示したペースに満足し、今後のイベントに向けて楽観的な姿勢を保っています。

公開 04/03/2024 à 10:36

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

ノリスはバーレーンでのマクラーレンのペースに安堵した。 »

© アントニン・ヴィンセント / DPPI

マクラーレン 2023年に目覚ましい進歩を見せた後、バーレーンではその勝利が待ち望まれていた。オレンジ勢が2024年シーズンの開幕戦でかなり慎重だったとしても、イギリスの一族は満足のいくいくつかの理由を持ってサクヒール・サーキットを去ることになる。確かに、全体的な結果は (ノリス 6e、 ピアストリ 8位)イギリスチームに期待できるレベルではなかった。しかし、1 か月前、両ドライバーが QXNUMX で敗退したときのマクラーレンの状況を忘れてはなりません。

ランド・ノリスにとって、今シーズン最初のグランプリは何よりも大きな安堵感をもたらした。英国人はMCL38がレースで主なライバルたちよりも遠くにいることを期待していたが、マクラーレンはMCLXNUMXと互角に戦うことができた。 メルセデスアストンマーチン.

「将来に向けて良い兆候だ」とノリスは言う

「先週(テスト中)トラックのグリップ力が低く、少し暖かくなったコンディションでは、我々は一般的にメルセデスと フェラーリ 前にいたとランド・ノリスは語った。 しかし、私たちは自分自身に驚きました。 2回目のフリー走行セッションの後、僕らは思っていたよりも少し良かったと話し合った。それは良い兆候です。自分たちのベストではないとわかっているトラックでそれができれば、それは将来にとって良い兆候だと思う。 »

「今日は燃料負荷が高く、タイヤの劣化もあり、バランスに少し苦労しました」彼は付け加えた。 特にフェラーリと比較すると、いくつかのことが私たちに伝わりました。でも、メルセデスとの戦いはかなりかっこよかったので、満足です。 »

彼が自分に言い聞かせるなら 「6位には満足している」、 ランド・ノリスはサクヒール・サーキットでの冬季テストを経て、数日前よりもはるかに楽観的な気持ちで残りシーズンに臨んでいる。英国人ドライバーはすでに次のイベントであるサウジアラビアGP(7月9~XNUMX日)を見据えていると語った。 「もっとポジティブに」 ジェッダのイギリスチームのために。

こちらもお読みください > ピエール・ガスリーに関しては、 Alpine 悪夢のような週末にもかかわらず「潜在力を最大限に発揮」

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く