レッドブルはフォルクスワーゲンとよく話し合いました

レッドブル・チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、エンジン供給に関してフォルクスワーゲン・グループと協議が行われたことを認めた。

公開 24/10/2015 à 07:01

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

レッドブルはフォルクスワーゲンとよく話し合いました

2016年に向けてエンジンサプライヤーを引き続き探しています。 レッドブルレーシング 特に対交渉失敗の後、来シーズンに向けた解決策はまだ見つかっていない。 メルセデス.

数日前、ロシアGPのサイドラインで、ミルトン・ケインズ・チームのチーム代表クリスチャン・ホーナーもこう認めた。 ルノーはいつでも解決できる。 フォルクスワーゲンの噂はしばらく浮上していたが、英国人は記者会見で実際に話し合いが行われたことを認めた。

« フォルクスワーゲンと協議があったことは公に知られている、しかし、彼らの現在の問題 (ディーゼル排ガススキャンダル)1式 それはおそらく彼らの頭の中にある最後のことです. 現時点で私たちの状況についてはさまざまな憶測が飛び交っています。 すべてが完了すると、すべてがより明確になります。 » チーム代表はまた、2016年に好ましい結果を見つけるためにあらゆることを行ったことを認めた。

「(F1を離れることは)私にとって選択肢ではありません。 私たちは解決策を見つけなければなりません。私はチームが来年以降も確実にグリッドに位置し、競争力を維持できるように懸命に取り組んでいます。 » ただし、最終的な決定はレッドブルブランドのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツの手に委ねられることになると後に回想している。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く