グロージャンはバトンに押された?

公開 07/05/2009 à 19:34

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

ロメイングロジアン 1周も続かなかったレースの後、明らかにがっかりしていました。今シーズン後方からのスタートに慣れていなかったため、ジェンソン・バトンがフランス系スイス人選手に触れたが、コミッショナーらがいかなる責任も認めなかったとしても、ジェンソン・バトン選手はセーフティカー退出のきっかけとなった玉突き事故の原因は英国人選手だったことをRMCに認めた。この事故。
« 予想通り、少し慌ただしいスタートとなりました。スタートはかなり良かったので、13位になるはずだった。残念ながら、別の車と争っていたバトンは、順番が来たときに私に気づきませんでした。私たちはそれについて話し合いました。彼は明確に謝罪しませんでしたが、私に会っていないことを認めました。ガソリンの量があれば、一か所しか寄れなかったのに残念です。それは報われたかもしれないと思います。残念な。 »

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く