ダニール・クビアト、鈴鹿での自分の非を認める

ダニール・クビアトは、鈴鹿での日本GP予選でのクラッシュによりQ3が早期終了したのは自分の責任だったと認めた。

公開 26/09/2015 à 10:51

デュピュイ

0 コメントを見る)

ダニール・クビアト、鈴鹿での自分の非を認める

ダニール・クビアトは、鈴鹿での日本GP最終予選セッションで印象的なコース外事故の犠牲者となった。飛行士 レッドブル 彼はヘアピンの入り口でRB11のコントロールを失い、安全レールに激しく投げ込まれました。ロシア人の健康状態は安心できるが、 シングルシーター ペナルティを受ける可能性のある大きなダメージを受けました。

レッドブルのドライバーはコースリミットを超えた後、過失があったことを認めた。 「大丈夫、ほとんど精神的に苦痛です。」とロシア人は認めた。 « 初歩的なミスだった。 XNUMXつの車輪を草の中に置きました、それで終わりです。そこには逃げ道はなく、このまま終わるしかなかった。すでに困難な XNUMX 週間を過ごし、余分な仕事を抱えているチームには申し訳なく思います。 »

ダニール・クビアトはチームメイトがRB11の修理を行ったため、ピットからスタートする必要がある。 ダニエル·リチャルド XNUMX位からスタートすることになる。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く