マルキオンネ「レッドブルとのコラボレーションは選択肢だ」

ムジェッロでのフェラーリのフィナーリ・モンディアーリの傍らで、マラネッロ・ブランドの社長であるセルジオ・マルキオンネは、レッドブルとのコラボレーションは一定の条件下で可能であったと回想した。

公開 09/11/2015 à 11:09

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

マルキオンネ「レッドブルとのコラボレーションは選択肢だ」

世界選手権の最後からXNUMX番目のラウンドが迫る中、 F1 今週末、ブラジルのインテルラゴスのサーキットで、 レッドブルレーシング はまだ2016年のエンジンパートナーを正式に確保していない。 メルセデス、トラック フェラーリ その後、ホンダがクリスチャン・ホーナーのチームの可能性に加わった。

先週末イタリアでフェラーリがムジェロでワールドファイナルを祝う中、 ブランド社長セルジオ・マルキオンネ とこの件に関する自身の見解を繰り返し述べた。 「パワーユニット開発に関してレッドブルと協力する可能性」 依然として実行可能な選択肢であるただし、フェラーリがレースで使用するエンジンと同等のエンジンをレッドブルに搭載するという状況ではありません。

同社は、フェラーリが最善を尽くす決意であるレッドブルの特定プロジェクトとして、エンジンの生産に関してもエンジニアリングサービスを提供することができるが、 フェラーリがレースで使用するエンジンではあり得ません。 ガゼッタ・デッロ・スポルト紙が引用したように、記者会見で大統領はそう主張した。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く