ベッテル:「これまでで最高の2位」

ルイス・ハミルトンのメルセデスを拾うことができなかったセバスチャン・ベッテルは、自身のキャリアの中で最高のXNUMX位を獲得できたとイタリアGPを総括した。

公開 06/09/2015 à 19:15

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

ベッテル:「これまでで最高の2位」

セバスチャン·ベッテル 今年のイタリアGPはスクーデリア・フェラーリのカラーで開催されました。 XNUMX度の世界チャンピオンにとって素晴らしい初記録であり、再びドライバーに対するファンの熱意を測ることができた。 マラネロ.

それでもレースでは、元ドライバーは レッドブル 対決できなかった ルイス·ハミルトン, 今週日曜日のモンツァのトラックレースで大きな勝者、そして彼のW06ハイブリッドのタイヤ空気圧のエピソードの後、スチュワードによって彼の勝利が確認されたのを見ました。 しかし、セバスチャン・ベッテルは、最初のコーナーですべてを試したことを認めた。

「私はアウトサイドにいたので、難しいことになるだろう。 私はブレーキを踏んでもう少し進みましたが、彼が中にいたので道を譲らなければなりませんでした。 私たちは近年、これがうまくいかない可能性があることを目にしてきました。 コーナー抜けに集中しましたが、見事に出てしまい、何も試せませんでした。

ラップタイムが近いときもあったと思いますが、彼はXNUMX、XNUMX周の間でXNUMX分のXNUMX速かっただけで、もしかしたら差を縮めるチャンスがあるのではないかと思ったのですが、どうやらそうは見えなかったのです…サッカーではそれを第二の風と呼びます。 »

ベッテルは最終的にロンバード大会をXNUMX位で終え、イタリアのファンを喜ばせ、フィンランド人ドライバーにとって大きな犠牲となったキミ・ライコネンのスタート不振に続くフェラーリ一族の失望を部分的に払拭した。 このドイツ人はまた、ロズベルグがエンジントラブルでリタイアする前になんとか復帰できたはずだとも感じていた。

「ルイスのペースを考えると、ニコも同じペースになるだろうとは思っていた。 彼が最終的に持っていたものは、差を縮めていて、かなり近づいていたが、たとえ彼が脱落しなくても、我々は何とかあの位置でフィニッシュできたと思う。 総括する、 これまでで最高のXNUMX位だ。。 「」

イタリアGPの完全なレポートと分析は、オートヘブドのモンツァ特派員が2028号で作成したもので、明日の夕方からデジタル版で、今週水曜日からニューススタンドで入手可能です。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く