マナー: ブースとロウドンの離脱にショックを受けたウルフ

トト・ヴォルフは、ジョン・ブースとグレアム・ロウドンが、1年にチームがメルセデスのパワーを受けることになるシーズン終了後にマノーF2016チームを去りたいという意向を知って驚いた。

公開 31/10/2015 à 15:46

デュピュイ

0 コメントを見る)

マナー: ブースとロウドンの離脱にショックを受けたウルフ

トトウルフの常務取締役 メルセデス モータースポーツは、マナーのスポーツディレクターであるジョン・ブースが次のように述べたことを知ってショックを受けた。 F1 チームとスポーツディレクターのグレアム・ロウドンはチームを去りたいと考えていた。オーストリア人は、英国の構造と合意に達したことを喜んでいた。 2016年よりパワーユニット供給開始。チームのXNUMX本の柱の離脱により、チームの将来に疑問が生じている。

「彼らは、チームの規律を保つことで闘志を示した本物のファイターだ。」とトト・ヴォルフはエルマノス・ロドリゲス・サーキットのメキシコGPパドックでの記者会見でこう宣言した。 「私はジョンのことを生涯知っています。 F3 そして公式 ルノー ルイスと一緒に(ハミルトン、2002年に始まりました)…それは明らかにです 彼らが去るのを見るのはショックだ、個人レベルでもスポーツレベルでも。 »

トト・ヴォルフは、これらの離脱は問題にならないと明言した マナーとメルセデスの間の合意. 「私たちはマノーと契約を結んだので、チームに残った全員の価値を認めなければなりませんが、これからは注意深く傍観するつもりです。」とメルセデス・モータースポーツのエグゼクティブ・ディレクターは付け加えた。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く