マックス・フェルスタッペン、フランスでのレッドブルの仕事に「満足」

今日の午後、マックス・フェルスタッペンは、F1がフランスに復帰して以来、ポール・リカールでのセッションでXNUMX位でフィニッシュした初の非メルセデスドライバーとなった。

公開 18/06/2021 à 18:50

クエンティン・デュボワ

0 コメントを見る)

マックス・フェルスタッペン、フランスでのレッドブルの仕事に「満足」

フェルスタッペンがポール・リカールでメルセデスの王座を奪う。 / © 写真 フロレント・グッデン / DPPI

フリー走行2回目の冒頭、 マックスVerstappen レッドブルがFP1とFP2の間に行った改善に非常に満足している。 

「こんな感じで一日が終わるのもいいと思うけど、 とオランダ人は説明する。 FP1の後も完全に満足できなかったし、FP2の開始時点でも常に何か気になることがあった。しかし、ソフトタイヤでのXNUMX回目の走行では、クルマの挙動ははるかに良くなり、バランスも良くなった。 »

しかし、チャンピオンシップリーダーにとってセッションは簡単なものではなかった。セッション開始時にVSCの介入を引き起こしたのは彼だった。縁石でワイドスタートしすぎて、ターン2外側のイエローフランジでフロントウイングを損傷した。 

金曜の間、カステレットに非常に存在していた風も、オランダ人ドライバーを悩ませました。

「今日はとても風が強かったので、 フェルスタッペンは言う。 したがって、当社の業績の概要を把握することは非常に複雑です。ある周ではコンディションは悪くなかったが、次の周ではひどいコンディションになった。週末の残りを何とかしなければなりません。 »

日曜日は雨が予想されるため、マックス・フェルスタッペンと他のドライバーは難しいコンディションに慣れる必要がある。
 

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く